ハチ駆除navi

*

ハチ駆除naviTOPページ

年間1,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル00800-600-0069

フリーダイヤル0120-932-621

蜂駆除の危険度は巣の大きさと比例?

■蜂の巣の大きさと危険度について

蜂が巣を作る場所で多いのが、家の軒下や屋根裏、外壁などに蜂は蜂の巣を作る傾向があります。
はじめは小さな蜂の巣でも、この蜂の巣を放っておくと蜂の巣はどんどん成長して大きくなり蜂の巣が5倍くらいの大きさになることもあります。

蜂の巣がまだ小さいうちであれば自分でも蜂に巣を比較的簡単に蜂の巣を駆除できますが、蜂の巣が大きくなると蜂の数も増えて、自分では蜂の巣の駆除をするにはかなり危険な状態といえます。
蜂の中でも、すずめ蜂は刺されるとショック状態を起こすこともあるのでとても危険な蜂だといえます。
蜂の巣が最も大きくなるのは女王蜂の誕生の時期の9月上旬頃からは蜂たちはとても攻撃的になり蜂の巣を駆除しようと蜂の巣に危害を及ぼされそうになると蜂は集団で襲ってきます。

■大きくなった蜂の巣を見つけたら...

大きくなった蜂の巣を見つけたら、蜂を刺激しないように慌てず騒がず頭を低くしてそっと後退して蜂の巣からはなれましょう。
まだ蜂の巣が小さいときに蜂の巣を駆除した場合でも蜂は帰巣本能があるので駆除できなかった蜂が巣に戻ってくる場合もあります。
戻り蜂は、一度人を蜂の敵と認識しているのでさらに危険です。
蜂の巣の駆除も大事ですが、戻り蜂の対策も十分に必要となります。
自分で蜂の駆除をしても中途半端であれば蜂の駆除をする意味がありません。
蜂の巣の駆除が完璧にできないのであれば最初から蜂の駆除のハチ駆除のプロに依頼をして蜂の駆除を徹底的にしてもらい蜂の巣の駆除と戻り蜂の対策をしっかりとしましょう。
夏から秋にかけて、すずめ蜂の活動が盛んになり蜂の被害にあう人も多くなっています。
毎年約十数名の人が蜂の被害で亡くなる事故が起きています。

蜂だからと安易に考えずに蜂の被害に遭わないためにも蜂の巣を見かけたら自分で駆除をする前に蜂のハチ駆除のプロなどに相談して早めの蜂の巣の駆除をしましょう。

対応エリアこのページのトップへ
ハチ駆除navi 受付対応エリア一覧
日本全国のエリアに受付対応中
ハチ駆除naviは全国の加盟店と提携しており、日本全国で受付対応可能となっております。他社で依頼されたけど断られたという方は是非ハチ駆除naviにご連絡ください。

このページのトップへ

  1. 蜂駆除までの流れ
  2. お客様の声
  3. よくあるご質問
  4. 対応エリア
  5. 蜂の種類と危険性

Copyright c 2012 ハチ駆除navi All Rights Reserved.